旅居簡介

Co-Living, Co-Learning & Co-Working

1991

物語は25年前、桃園中壢の地方の家族経営企業「喬爵大飯店」から始まります。台湾経済が盛んに発展していた時代、近隣の内壢と中壢の2つの工業エリアと桃園空港が、喬爵の興隆を促しました。その後経済発展の中心が移動するに伴い、桃園地区のホテル業もまた次第に影響を受けたのです。

2016

台湾・中国間の政治的要因により中国からの観光客が減少し、台湾のホテル業は1997年の金融恐慌とSARSの猛威に続く新たな衝撃を受けることとなりました。20年以上のホテル経営の経験を持つDavidと金融テクノロジーをバックグラウンドに持つJoshは、「危機入市(落ち込んでいる市場にこそ入り、その株を購入して値上がりを待つ」」の価値を深く信じていおり、喬爵大飯店を入手て「HUB HOTEL(旅居文旅)」と改名し、旅を創造するあたらな考え方を導入し、中壢へと経営を展開しました。

NOW

“Co-Living, Co-Learning & Co-Working”こそ、私たちがホテルに与えているポジションです。台湾の地方都市である桃園県中壢に、世界一流のデザインホテル創り出しています。創設者の1人であるDavidは、HUB HOTELは既存のホテル業の家族経営における発展の妨げを打破し、経済をともに享受する構造のもと、24時間営業の特性をうまく用いて、ミレニアムグループの共同作業スペースへのニーズと結び付けました。同時に旅とイノベーションの起業育成者と提携し、唯一無二の複合型スペースを打ち出すことで、新たに都市のクリエイティビティの導火線に火をつけたのです。都市のマーケティングはスローガンから次第に行動へと変化しました。創設者の1人であるJoshは「HUB HOTEL(旅居文旅)」は、私たちが新たにホテルを定義し、宿泊主導の空間による、台湾文化の体験を実践へと転換しました。」としています。